奇跡の本屋をつくりたい~くすみ書房のオヤジが残したもの

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 185円

※3,000円以上のご注文で送料が無料になります。

奇跡の本屋をつくりたい
くすみ書房のオヤジが残したもの
久住邦晴(くすみ書房・店主)著
装丁:矢萩多聞
装画:ミロコマチコ
ミシマ社
ISBN:978-4-909394-12-5

「なぜだ?売れない文庫フェア」など、数々のフェアを仕掛けて全国的に有名になった「くすみ書房」という書店が北海道にありました。
2017年逝去された店主の久住邦晴さんが、、生前書き残した原稿を集めて1冊の本が作られました。町の本屋としての喜びや苦悩、そして明日を信じる言葉の数々に励まされます。

【著者紹介】
1951年、北海道生まれ。1946年に父がくすみ書房を創業、1999年に後を継ぐ。
読書離れに歯止めをかけようと、良書なのに売れ行きのよくない作品ばかりを集めた「売れない文庫フェア」などの試みが話題となる。
「本屋のオヤジのおせっかい」と題し中高生に読んでほしい本を集めた「これを読め!」シリーズは道内各地の書店や他県にも広がった。
2017年に肺がんのため死去。享年66。(出版社より)

本文:208頁
サイズ:13×17