どこにでもあるどこかになる前に。~富山見聞逡巡記

どこにでもあるどこかになる前に。~富山見聞逡巡記
藤井聡子著
里山社
ISBN:978-4-907497-09-5

ピストン藤井の名前で、里山社サイトに掲載されていたエッセイを書籍化。
東京生活をたたんで故郷富山にUターンした著者が、ライターとして活動しながら故郷への思いや家族・友人・周囲の人々との交流を綴った疾走感あふれる文章に引き込まれる1冊。

~出版社サイトより~
新幹線も開通し、コンパクトシティをうたう再開発で、一見、開かれた町になった富山市中心部。だが郷愁と個性を失いどこにでもありそうな姿になった町に、08年、30歳直前でUターンしたライター、藤井聡子は戸惑いを覚える。見た目は「開かれて」いても結婚出産を迫る閉鎖的価値観は相変わらず。閉塞感に抗い、失われる町を記録しようとミニコミを作り始めた彼女は、迷い、傷つき、悩みながらも個性的な富山県民に出会い、第2の青春を見つけていく。

サイズ:13×19cm
本文:214頁
※新刊のため定価で販売しています。

¥ 2,090

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 198円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価