病と障害と、傍らにあった本。

病と障害と、傍らにあった本。

著 : 齋藤陽道、頭木弘樹、岩崎 航、三角みづ紀、田代一倫、和島香太郎、
坂口恭平、鈴木大介、與那覇 潤、森 まゆみ、丸山正樹、川口有美子

里山社 10/25発売予定
定価2,000円+税

ISBN:978-4-907497-12-5  
四六判・上製・256頁 

12人の当事者、介護者による、本と、病と、生きることにまつわる書き下ろしエッセイ。
こんな本をずっと待っていました。
いま一番読みたい、そして売りたい本です。(店主)

~出版社より~
病や障害のつらさは、心身の苦しみのみならず、固有な症状や想いを抱え、孤立すること。そんな時、心を通わせた本はあったのか。それぞれの病や障害の実情と、本の「生きた読
まれ方」を味わう、12 人の著者によるオムニバスエッセイ。

「物語を楽しむ以前に、境遇のあきらかな違いにひっかかって、本が読めなかったのだ。
ぼくがただ敏感すぎるだけのことなのだろうと思う。だけど、それほどまでに「聞こえる人のようにならなくてはいけない」という呪いは根深かった。
当時のぼくにとって、本は救いにならなかった。
自分のものとしての実感をもたらしてくれる本が読みたい。
そんな思いを感じはじめた小学高学年ぐらいから、
母の描いた絵日記を、ふたたび読むようになった。」(齋藤陽道)

◎目次◎                     
【本を知る】
齋藤陽道「母の絵日記」
頭木弘樹「本嫌いが病気をして本好きになるまで」
岩崎 航「病をふくめた姿で」
【本が導く】
三角みづ紀「物語に導かれて」
田代一倫「写真と生活」
和島香太郎「てんかんと、ありきたりな日常」
【本が読めない】
坂口恭平「ごめん、ベケット」
鈴木大介「本が読めない。」
【本と病とくらしと】
與那覇 潤「リワークと私 ブックトークがあった日々」
森 まゆみ「体の中で内戦が起こった 原田病と足るを知る暮らし」
【本と、傍らに】
丸山正樹「常にそこにあるもの」
川口有美子「それは、ただ生きて在ること。」

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 198円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価